タクト一本に魂を込めて!指揮者・天野哲

アクセスカウンタ

zoom RSS 二度とないその一瞬に

<<   作成日時 : 2009/07/24 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


画像




今朝は、ついつい、めいいっぱい譜読みをしてしまったので、


日中は完全にバテてました。





今までなら、そういう時には


漫画 「エースをねらえ!」 を読んで、


この程度で疲れたなんて言ってられない!と


さらに頑張ったところですが、


最近は、


「お前は、自分の体の使い方を間違えてるぞ!」


と何者かが教えてくれているのだと思い、


教えてもらえたことに感謝して、素直に休むようにしています。





ところで 「エースをねらえ!」 ですが、


これはわたしの大好きな漫画です。


我が家にはコミック全巻(・・・といってもこれは姉の物だけど)の他、


TV放映されたアニメ 「エースをねらえ!」と「新エースをねらえ!」、


それに劇場版の「エースをねらえ!」のDVDが揃ってます。


その昔、TVの本放送も、テニスをやっていた姉の横に


チョコンと座って一緒に見ていました。





その 「エースをねらえ!」 の中に


こんな言葉が出てきます。


福田雅之助とういうテニス・プレイヤーの言葉だそうです。



*******************************************

この一球は

絶対無二の一球なり

さすれば心身をあげて

一打すべし

********************************************
山本鈴美香 「エースをねらえ!」(集英社)
第6巻 p.88より引用





「きらめくような生命をこめて


ほんとうににどとないこの1球を


せいいいっぱい打たねばならない」(同上、p.89より引用)


と宗方コーチが、岡ひろみに教えているシーンです。





わたしはこの言葉にいつもハッとさせられます。


指揮だってそうでなければならないのです。


二度とないその一瞬を、


「きらめくような」生命をこめて


精一杯タクトを振り下ろす・・・・。


そのことが最も重要なことの一つだと思うのです。


云うは易く・・・・ですが、


常にその姿勢を忘れないでいられる指揮者でいたいと思います。



(写真:横浜市都筑区、自宅前にて)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「二度とないその一瞬に」いい言葉ですね。
今の今ですね。そうなんですよね。もう絶対取り返しができない。今のこの一瞬ですよね。
僕は40代でしょ。職場の20代の若い人たち(よく働くいいやつらなんですよ。男も女も)によく言っていますよ。仕事ばっかりじゃないよ。遊びも大事だよ。今の今を遊んで、恋をして、傷ついて、体を楽しんで、旅行して、本読んで、泣いて、怒って、笑うことを知らないと、いつできるんだ!と。ほんの1時間前、1分前だって取り戻せないじゃないか!
自分自身はあんまりお仕事できるほうじゃないですけど。。。
fumi
2009/07/29 23:42
fumiさん。何だか日芸時代、武邑先生が「みんな、こんなまじめに授業に出てきてて大丈夫なの?もっと他にやらなきゃいけないこと沢山あるでしょ!」とおっしゃってたのを思い出しました。
tetsu
2009/08/01 19:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
二度とないその一瞬に タクト一本に魂を込めて!指揮者・天野哲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる