ふと、FMを付けたら


昨日の夜、ふとFMをつけたら

マーラーの九番(←マーラー作曲「交響曲第九番」)が流れていました。

あまりにも素晴しい演奏だったので、

「誰の演奏だろう?」とオンラインの番組表を調べてみたら、

ヘルベルト・ブロムシュテットが1992年にN響を指揮したものでした。




「私にとってオーバーな感情表現は不快です。(略)

抑制された感情表現のほうがインパクトがあります。

常に統制がとれ、感情表現も抑制されている。

これが本当の芸術です。」


これは何年か前、

テレビのインタビューで

マエストロが語っていた言葉。



10月に来日するマエストロ・ブロムシュテット。

90歳を過ぎてなお、

「自分」と言うものに安住せず、

常に音楽学の最新の研究成果を反映させて、

謙虚に作品の本質に迫ろうとし続ける姿勢には

驚かされます。そして何よりも、

そのようにして奏でられる音楽は感動的です。



4月に引き続き(「幻想交響曲」の何と素晴らしかったこと!)、

今回も追っかけをする予定。

とても楽しみです。



皆様も素敵な秋をお過ごし下さい。


画像

(写真:2018年10月2日 夕刻)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック