フィガロの結婚

新しいオペラ団体、オペラ・ディ・東京

から声を掛けて頂き、2月22日に

モーツァルトオペラ『フィガロの結婚』(ハイライト)

指揮させて頂きました。

様々な事情が重なり、久しぶりの本番。

この公演は、私にとってとても大切な本番となりました

(大切ではなかった本番など何一つないのですが…

それでもとりわけ)。→その時のご報告とご挨拶



5月にも、ダブルキャストの別組で予定されていたこの公演。

残念ながら、そちらはコロナで中止を余儀なくされてしまったのですが、

今、12月24日&25日の再演に向けて、

一同稽古に励んでいます。



オペラの現場はやっぱり楽しい!



コロナ第三波で開催出来るかどうかが不透明な中、

皆様をなかなかお誘いしづらいのですが、

是非沢山の方々に楽しんで頂きたいです。

チケットは私の方でも受け付けていますので、ご興味のおありの方は

tetsu.amano.conductor@gmail.com

までご連絡をいただけたらと思います。

少し長くなってしまいますが、公演の詳細を下に記しておきます。

---

オペラ・ディ・東京 「オペラの楽しみ!vol.2」
モーツァルト作曲 歌劇『フィガロの結婚』
(プレトーク&解説付き 2台のエレクトーン伴奏による抜粋上演・字幕付き)


*字幕に加え、要所要所にナレーションや解説を挿み、オペラにあまり馴染みのない方々にも物語りを楽しんで頂けるよう、工夫を凝らして上演いたします。

【日時】2020年12月24日(木)・25日(金) 18:00本編開演(17:00開場、17:30からプレトークあり)
【会場】千代田区立 内幸町ホール (東京都千代田区内幸町1-5-1)
【入場料】全自由席 ¥5,000 (学生&千代田区民¥4,000)
【出演】
 総合監督 / 演出:富浦元公 
 客員演出 / 原語指導:松谷和紀
 指揮 / 音楽監督:天野哲

 フィガロ:菅谷公博 (24日) / 新井健士 (25日)
 スザンナ:吉川美枝 (24日) / 吉田真澄 (25日)
 伯爵:畠山茂 (24日) / 宮下嘉彦 (25日)
 伯爵夫人:清水由美子 (24日) / 林志乃 (25日)
 ケルビーノ:後藤未有 (24日) / 神林あゆみ (25日)
 バルトロ:窪川真也 (24日) / 奥秋大樹 (25日)
 マルチェリーナ:木村槇希 (24日) / 大川利枝子 (25日)
 アントニオ:安藤善克 (24日) / 高橋雄一郎 (25日)
 バルバリーナ:伊藤早紀 (24日) / 佐藤元美 (25日)
 バジリオ:富浦元公 (24日) / 渡辺正親 (25日)
 ドン・クルチオ:中尾遊 (24日) / 大石将史 (25日)

 エレクトーン:市川侑乃 & 千葉祐佳

 司会:柳谷吉緑 (落語家) & 重南ゆうこ
 ナレーション:伊地知玲奈
 
【主催】オペラ・ディ・東京
【後援】 千代田区

●公演に関するお問い合わせ オペラ・ディ・東京 富浦様宛:
motokimi.1115@gmail.com または 03-3264-1586 (10:00~20:00)

---

不安定な状況が続いておりますが、

皆様も、くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。



001.JPG
↑ 公演チラシ:表


002.JPG
↑ 公演チラシ:裏


003_縮小(270-360).JPG
↑ 2月の公演。ゲネプロの仕込み中、指揮者席から舞台を望む


004_縮小(270-360).jpg
↑ 12月の公演、1回目の稽古風景
(団体代表・富浦氏の写真を借用させていただきました)


005_縮小(360-270).JPG
↑お世話になっている楽譜たち
+α(原作のボーマルシェ『てんやわんやの一日あるいはフィガロの結婚』)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント